ワーキングプア解消、内閣人事局制度見直・立憲

 立憲民主党は7月参院選に向け、党の政策ビジョンを24日、発表した。アベノミクスによる実質賃金低下が家計を圧迫、経済に最大のマイナス要因になっているとし、中小零細企業への支援を拡充しつつ、5年以内に最低賃金を1300円に引き上げることをめざすとともに官民非正規をできる限り正規雇用化し、ワーキングプアを解消するなど、生活の安定化を第一に挙げた。


 非正規雇用の増大は貯蓄ゼロ世帯を増やし、いまや貯蓄ゼロ世帯が3割を超えるまでになっている。こうした実態を踏まえ、生活の安定化策を筆頭にあげたとみられる。


 また老後の安心を高めるため、安心して医療・介護を受けられるよう年金の最低保障機能を強化するとともに、子育て・教育では公立小中学校の給食の無償化、国公立大学の授業料半額程度への引き下げと私学助成金の増額を図るとしている。


 消費税については10%への引き上げを凍結し、金融所得課税や法人税などを見直し、税の累進性を強化し公平な税制へ転換する。


 エネルギー政策では原発再稼働を認めず、原発ゼロ基本法案の早期成立を目指すとともに、電力の地産地消を促す分散型エネルギー推進4法案を成立させ、自然電力100%を目指す。環境問題では特に廃プラゼロ法を制定し、脱使い捨てプラスチック社会を目指す。


 透明性の高い「まっとうな政治」を実現するために、企業団体献金を禁止、各議員の政治資金収支報告書をまとめてウェブ公開させる法改正を行うほか、公文書管理法と情報公開法を強化。「情報公開の徹底と国会による行政への監視を強化する」。幹部官僚が国民でなく官邸を向いて仕事をする原因になっているとの指摘がある「内閣人事局制度」を見直し、国民に開かれた透明性の高い行政組織、行政運営を目指す。安倍政権が成立させた「特定秘密保護法」「共謀罪」「カジノ法」などは廃止する。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2019年6月26日の政治記事
「ワーキングプア解消、内閣人事局制度見直・立憲」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    内閣人事局の改廃が最優先。日本を支えるシンクタンクである役所が、国益ではなく保身を考え出したら国が滅びる(すでに滅び始めているが)

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。