リチウムイオン電池の問題を解決するのは・・・?次世代電池や最新の電源ICにも注目

リチウムイオン電池の問題を解決するのは・・・?次世代電池や最新の電源ICにも注目

 2019年6月19日にIT専門調査会社 IDC Japan 株式会社が発表した調査報告によると、2019年第1四半期(1月~3月)の、ウェアラブルデバイスの世界および日本における出荷台数は前年同期比55.2%増の4958万台となることが分かった。


 全体の63.2%を占めたのは、腕時計型とリストバンド型で合計3132万台。全カテゴリー中トップの成長を示したのは、全体の34.6%を占める耳装着型デバイスで、前年同期比135.1%増の出荷台数となっている。日本国内でもAirPodsなどの耳装着型デバイスの伸長は目覚ましく、前年同期比351.5%増を記録している。


 また、データ元となったWorldwide Quarterly Wearable Device Trackerの昨年の予測によると、世界のウェアラブルデバイス市場は2018年から2022年まで年間平均成長率11.6%で成長し、22年には1億9039万台の出荷に達すると見込んでいる。


 しかし、ウェアラブルデバイス市場の成長をさらに進めるためには、乗り越えなければならない大きな壁がある。それは「電池」の問題だ。


 ウェアラブルデバイスだけでなく、スマートフォンノートPCIoT機器など、あらゆるハイテクモバイル製品は全て電池、それも主にリチウムイオン電池に支えられている。リチウムイオン電池は、ニッケル・カドミウム蓄電池やニッケル水素電池など他の二次電池に比べて、エネルギー密度が高く、大きな出力を得ることができるというメリットがある。しかし、その一方で充電時間が長いことや、本体が過熱するなどの問題、さらには原料となるリチウムの枯渇も懸念されている。また、製品の高機能化に伴なって、高速処理の必要性や大容量データによる高負荷化が進んでいること、その反面、低消費・高効率による長寿命が求められていることなど、課題は山積みだ。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2019年7月21日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。