「2ペダルが3ペダルを駆逐する」、MT車主流の欧州でも進む2ペダル化とその理由

「2ペダルが3ペダルを駆逐する」、MT車主流の欧州でも進む2ペダル化とその理由

 いつからだ、日本のクルマは「2ペダル」車ばかりになったのは。現在、日本で走っている乗用車は、2ペダルのAT車がほとんどだ。しかし、欧州では、いまだにMT車が主流だ。しかし……。


 日本自動車販売協会連合会(自販連)の統計によると日本の乗用車販売(軽自動車と輸入車を除く)におけるAT車とMT車の構成比をみると、1985年にAT車は48.8%と半数に満たなかった状況だった。


 ところが、90年代になって急速に日本で「2ペダル化」が進む。まず、1990年に7割を突破して72.5%となり、1995年に8割超え、2000年に遂に91.2%になった。その後も2ペダル車の構成比は上がり、2016年に乗用車新車販売の約98.4%をAT車(2ペダル車)が占める。


 年代はややバラつくが、日本以外の地域データを示す。環境シンクタンクの国際クリーン交通委員会(The International Council on Clean Transportation, ICCT)による、MT車の構成比だ。


 それによると、かつての自動車大国・米国の乗用車は1992年25%、2012年7%、2017年3%。現在、世界最大の自動車消費国・中国では、2006年63% 、2012年57%。EU加盟27カ国では、2001年約88%、2010年約83%だった。日本と米国のAT比率が突出して高い。


 トルクコンバータを使ったAT車は1940年代に既に米国で実用化され、以降急速に普及する。ガソリンが安く、大排気量のOHVエンジンで、ゆったりドライブするのがメインの米国では、トルクコンバータの駆動ロスと燃費悪化は問題とされず、「イージードライブ」が圧倒的に優先された。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2019年7月21日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。