初代「マツダロードスター」、「日本自動車殿堂歴史遺産車」に選定

初代「マツダロードスター」、「日本自動車殿堂歴史遺産車」に選定

 マツダ・ブランドを象徴するライトウェイト2座オープンスポーツの初代「マツダロードスター」(発売当時の正式名称はユーノス・ロードスター)が、「2019年 日本自動車殿堂歴史遺産車」(JAHFA)に選定されたと発表した。


 マツダ車が「日本自動車殿堂歴史遺産車」に選定されたのは、2003年に世界初の量産ロータリーエンジン搭載車だったコスモスポーツに続いて、今回が2度目となる。


 「日本自動車殿堂 歴史遺産車」とは、日本の自動車史に優れた足跡を残した名車を選定し、日本自動車殿堂に登録し、永く伝承するもの。このたびの選定にあたり、「4代にわたって変わらないコンセプト」「累計生産台数100万台を超え、世界記録を更新し続けている」こと、そして「魅力的なスタイリング、クルマを操る楽しさを提供し、日本の技術水準の高さを世界に知らしめた」ことが評価された。表彰式は2019年11月15日に学士会館(東京都千代田区)にて行なわれる。


 ロードスターは、1989年の発売以来、30年にわたって、人馬一体の走りがもたらす、ライトウェイトスポーツカー特有の「Fun(楽しさ)」を一貫して提供し続けている。国や文化、世代を超えた多くのユーザーの支持を得て、これまでの累計生産台数は100万台を超えている。日本だけでなく、「2人乗り小型オープンスポーツカー」生産累計世界一のギネス世界記録をはじめ、世界の国々でもを超える賞を受賞してきた。2015年に発表した4代目ロードスターは、「2015-2016 日本カー・オブ・ザ・イヤー」、2016年「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」をダブル受賞するなど、高い評価を獲得してきた。


「2019年 日本自動車殿堂歴史遺産車」に選定されたクルマは、三菱A型(三菱甲型)(1918年)、いすゞエルフTL151型(1959年)の四輪車のほか、1987年から生産する2輪車でヤマハ・スポーツSR400が選ばれた。(編集担当:吉田恒)

あわせて読みたい

気になるキーワード

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2019年11月13日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュース

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。