住宅選び、関東は「周辺環境」、関西は「価格」を重視

住宅選び、関東は「周辺環境」、関西は「価格」を重視

 9月のマンション契約率を見ると首都圏では販売動向の基準となる70%を割り込んで56.8%となっている。一方で近畿圏では基準値を上回る75.7%となっている。住宅需要に関して関東と関西では必ずしも連動しないようだ。在庫状況にも違いがあるだろうがその他の地域経済の状況にも差があるのだろう。さらに消費者の選考や行動にもそれぞれ特性があると考えられる。


 リビン・テクノロジーズが11月18日の「いい家の日」に合わせて自社サービスを利用した20歳以上の関東または関西に居住している男女129人を対象に「関東と関西では住宅選びは異なるのか」について10月に調査を行い、12日にその集計結果を公表した。


 集計結果によれば、「住宅購入時、最も重視する点は何か」と尋ねた結果、関東では「周辺環境」が19.0%で最多で、次いで「価格」17.7%、「駅・バス停からの所要時間」16.5%、「所在地」10.1%の順となっている。一方、関西では「価格」が22.0%でトップとなっており、次いで「周辺環境」18.0%、「駅・バス停からの所要時間」16.0%、「売主の信頼度」10.0%という順だ。わずかだが関東では「地盤」5.1%、「学区」1.3%、「リノベーションの自由度」1.3%を選んだ者がいるが、関西ではゼロであった。


 「2番目に重視する点」では、「価格」が関東で27.9%、関西で18.0%とともに最多で、「所在地」は関東で15.2%、関西は16.0%、「周辺環境」が関東で13.9%、関西で14.0%、「駅・バス停からの所要時間」は関東で13.9%、関西で10.0%となっている。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月1日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。