食料自給率向上をめざす 安倍総理

 安倍晋三総理は食料自給率について、20日の参議院予算委員会で「食料の安定供給は政府としての責務と考えている」とし「国内農業生産の増大を図り、自給率の向上をめざすことが重要であり、安倍内閣では農業を成長分野と位置づけ、農業の構造改革の加速化や農産品食品の輸出拡大といった政策を推進し、農業を魅力ある産業にしていきたい」と語った。


 また食料自給率をあげるためには農産品の輸出を伸ばしていくことの効果を提示した。そのうえで、TPP交渉参加については「聖域なき関税撤廃を前提条件とする以上、参加しないというのが基本方針」と改めて語った。日本維新の会の水戸将史議員の質問に答えた。


 農水省によると、食料自給率は生産額ベースで平成23年度66%。カロリーベースで39%となっており、昭和40年度に比べると、生産額で20ポイントダウン、カロリーベースで34ポイントの大幅ダウンしていた。(編集担当:森高龍二)

当時の記事を読む

安倍晋三のプロフィールを見る
エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「安倍晋三」に関する記事

「安倍晋三」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「安倍晋三」の記事

次に読みたい「安倍晋三」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年2月21日の政治記事

キーワード一覧

  1. 安倍晋三 Instagram
  2. 安倍晋三 twitter
  3. 安倍晋三 アベノミクス

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。