河野太郎防衛大臣は12日、沖縄県辺野古での基地建設工事再開を受け玉城デニー知事が「先般の県議選でも辺野古に反対する候補者が過半数を占め、民意は明確」と抗議していることに「普天間飛行場の危険性除去というのは、沖縄の県民と目指している方向は同じだと思っている。しっかりと対応できるように努めてまいりたい」と理解を求めていくとした。


 工事が県議選から5日後になったのは、県議選の争点にしたくなかったからではないのか、との問いには、争点隠しには「当たらない」と強調。


 辺野古工事の再開がこのタイミングになった理由について、河野大臣は「沖縄防衛局が受注者あるいは米軍と調整をして、再開を判断するということで、判断したので、そういうことなのだろうと思う」とタイミングに意図はない旨を語った。


 工事再開を受け、米軍キャンプシュワブゲート前に数十人が抗議の座り込みしたが、機動隊が排除し、工事車両が基地内に入った。(編集担当:森高龍二)