日本のSNS利用率、8割に拡大。LINEのシェアが8割で最多も減少、TikTokの利用率は増加

日本のSNS利用率、8割に拡大。LINEのシェアが8割で最多も減少、TikTokの利用率は増加
       

 2018年の情報通信白書によれば15年にスマートフォンの普及率が70%を超え、17年にはパソコンの保有率を超えている。現在では人々がインターネットにアクセスするツールのトップはスマートフォンであろう。ツールのシェアが変化すればSNSのシェアも大きく変化していくと考えられる。


 7月29日、ICTマーケティング・コンサルティング業のICT総研が「2020年度 SNS利用動向に関する調査」の結果を公表している。レポートによれば、日本におけるSNS利用者の数は15年には6488万人であったものが19年には7786万人と推計されている。ネット利用人口に対するSNS利用者の割合をみると15年が65.3%で19年には78.2%と8割近くに達している。当初はSNS利用者の中心は20代以下の若年層が多かったがSNSの利用が普及するに従い40代以上にも波及しており登録者数・利用者数ともに増加傾向が見られる。


 ICT総研は7月4400名を対象にアンケート調査を実施、回答者のうち8割以上の者が「人とのコミュニケーション」を行う目的でSNSや通話・メールアプリを利用していると回答している。利用しているサービスの内訳を見ると、LINEが77.4%と8割近く断トツでトップ、次いでTwitterが38.5%、Instagramが35.7%、YouTube23.2%、Facebook21.7%、TikTokが8.1%、Skypeが7.1%という順になっている。前年の調査結果と比較するとLINE、Twitter、YouTube、Facebook、Skypeの利用率は減少しており、一方TikTokの利用率は昨年から1.0%増加しSkypeの利用率を上回った。Instagramの利用率はほぼ横ばいとなっている。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「フェイスブック」のニュース

次に読みたい関連記事「フェイスブック」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ツイッター」のニュース

次に読みたい関連記事「ツイッター」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月10日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。