アフターコロナの「新しい飲み会様式」。住宅メーカーと飲食チェーンが連携してオンライン慰労会を開催

アフターコロナの「新しい飲み会様式」。住宅メーカーと飲食チェーンが連携してオンライン慰労会を開催
       

 コロナ禍で生まれた新しい文化の一つが「オンライン飲み会」だ。株式会社リクルートライフスタイルの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」が首都圏、関西圏、東海圏に住む20~60代の1万186人を対象に行った消費者アンケートによると、2020年6月までのオンライン飲み会・食事会参加経験者は18.3%。20代女性が最も多く40.1%、次いで20代男性が38.5%と、年代が若いほど参加経験のある人が多いことが分かった。また、 オンライン飲み会の相手としては、全体で「友人・知人」が48.3%と最も多く、「趣味・サークル関係」が25.0%、「職場・社内関係(オフィシャルな行事以外)」が22.5%となっている。


 女性は友人や知人、男性は比較的、仕事関係での参加が多いという傾向があるようだ。オンライン飲み会は果たして、これから先も「新しい飲み会様式」として定着するのだろうか。


 オンライン飲み会には、賛否両論がある。


 オンライン飲み会に否定的な意見として多いのは、やはりリアルでのコミュニケーションに比べて会話がしにくいことがあるようだ。また、いくら気安い友人と言えども、自宅で他の家族の目もある前では、店で話すように羽目を外しにくい。また、「終わり方が難しい」や「酒や料理を楽しみにくい」といった意見もあるようだ。一方、ポジティブな意見としては、自宅で時間を気にせずに気軽に飲めることや、安上がりで経済的に飲めるといったもののほか、普段はなかなか会えない、離れたところで暮らす相手とも楽しい時間を共有できることに良さを感じている人も多いようだ。実際、コロナ禍で帰省などを自粛している中では、離れて暮らす両親や親族、同級生などとも、オンライン飲み会ならば繋がることができる。緊急事態宣言下の4月、5月に比べて、オンライン飲み会が開催される機会は減少傾向にあるものの、この先、年末年始の忘年会、新年会シーズンにかけて、また盛り上がるかもしれない。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月25日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。