トヨタ、燃料電池車「MIRAI」フルモデルチェンジ、第2世代に進化した新型発売

トヨタ、燃料電池車「MIRAI」フルモデルチェンジ、第2世代に進化した新型発売

 トヨタ自動車は、燃料電池自動車・FCV「MIRAI」をフルモデルチェンジし、12月9日から全国トヨタ系ディーラーで発売を開始した。新型MIRAIは、カーボンニュートラルを標榜し、将来の水素社会の実現に向けた、新たな出発点となるクルマだとしている。


 多様なエネルギーから製造可能で地球環境・エネルギーセキュリティに貢献できる水素を燃料とするFCV(Fuel Cell Vehicle)は、ゼロエミッションでありながらガソリン車並みの短い燃料充填時間で長い航続距離を可能とする「究極のエコカー」であり、2014年に世界販売を開始した初代モデル「MIRAI」は、世界に先駆け量産を開始した、革新的といえるFCVだ。


 しかしその一方で、導入初期においては供給能力に制約があり、また乗車定員やさらに長い航続距離などの点での指摘・要望も確かに存在していた。そのなかでトヨタは、FCシステムを一般的な乗り合いバスや物量を担うトラック、工場や倉庫で働くフォークリフトなどに活用の幅を拡げていた。


 このようななか、新型MIRAIはFCVであることを前提としながらも、オンライン会見での発表によれば、「このクルマはいい、本当に欲しいと思ってもらえる未来のプレミアムカーを提供すること」を目標としたという。


 そこで新型MIRAIでは、水素タンクを縦型に積んで、搭載数これまでの2個からひとつ増やし、1回の水素充填で走れる航続距離を初代モデルより3割長い850kmとした。また、乗車定員もひとり増やして5人乗りとなった。


当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「トヨタ」に関する記事

「トヨタ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「トヨタ」の記事

次に読みたい「トヨタ」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月11日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。