東日本大震災から10年。今一度見直したい、家庭の防災、企業の防災

東日本大震災から10年。今一度見直したい、家庭の防災、企業の防災

 災害はいつ何時、起こるか予測ができない。今は世界中の関心がコロナ禍に向いているが、そんな時でも、災害が発生してしまう可能性は少しも変わらないのだ。


 2021年2月13日、10年前の東日本大震災の余震とみられるマグニチュード(M)7.3の地震が福島県沖で発生し、肝を冷やした人も多いだろう。だが、決して今回だけのことではない。気象庁によると東日本大震災の余震とみられる震度1以上の有感地震は、2月11日までの時点で1万4590回にも上っており、政府の地震調査委員会でも、少なくとも今後10年にわたって大規模な余震が発生する状況が続くとみて、警戒を呼びかけている。


 もちろん、災害は地震だけではない。日本は地理的な条件や地域的な環境などから、地震の他にも台風や大雨、津波、河川の氾濫や浸水などに直面する機会も多い。人の力で自然災害を止めることはできないが、被害を最小限に留めることはできる。よく、天災は忘れた頃にやってくるといわれるが、災害への対策は忘れることなく、日ごろから充分に備えておきたいものだ。


 そんな中、事業の特性を活かした防災サービスを提供している企業も増えている。


 例えば、住宅メーカー大手の積水ハウスでは、「グリーンファースト ゼロ+R(レジリエンス)」で建物自体の堅牢さに加えて、災害後の早期復旧と支援体制にも力を入れている。災害に耐えられる建物自体の頑丈さと、被災後でも太陽電池、燃料電池、蓄電池の3電池連携システムで、停電してもエネルギーを確保できる。同社ではいざ災害が起きた際には、図面や訪問履歴、被害状況の写真などを一元管理する積水ハウスオリジナルの社内ツール「災害訪問アプリ」を駆使して、顧客の安否や被災状況をマップ上で瞬時に確認、把握、共有することで顧客の安全確保を遂行するほか、全国の工場を地域復旧支援の拠点とするなどの対策を講じている。実際に、東日本大震災時には発生からわずか3時間後には支援物資の輸送を開始したり、2019年に千葉県南部を襲った台風15号発生時には、発生から約3日程度で被災エリア全顧客の被害状況の確認と、被災した約300棟の初期対応を完了している。


当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月7日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。