デジタルツイン技術(モノづくりとAI結合)急成長。製造・建設・物流等のプロセス短縮に革命

デジタルツイン技術(モノづくりとAI結合)急成長。製造・建設・物流等のプロセス短縮に革命
拡大する(全1枚)

 「デジタルツイン」という技術が製造、建設、物流、医療など多くの分野で注目されている。デジタルツイン・テクノロジーとはリアル(物理)世界とコンピュータをIoTでつなぎコンピュータ内に遠隔操作可能な仮想世界を作り出し、AIで制御された様々なシミュレーションを可能にする技術のことだ。ここではVR(バーチャルリアリティ)とAR(拡張現実)の技術が仮想世界をさらに現実的なものにする。


 5月17日、ニューデリーに本社を置く市場調査会社、レポート・オーシャンがデジタルツイン・テクノロジー市場の動向・予測に関するレポートを公表している。これによれば、世界のデジタルツイン・テクノロジーの市場は年率57.2%で成長しており、2020年は28億6000万ドルに達すると見込まれる。


 現時点での活用は、エネルギー生産における深海水タービンの遠隔監視や石油・ガスパイプラインの固定や機能の適切制御が目的だ。この技術は災害管理に最適で、事故などの発生確率を低減し、ヒューマンエラーを減少させるためだ。デジタルツイン技術は実世界のデータを活用し、特定の製品やプロセスのシミュレーションを実行し、製品の設計段階から配備段階までをモニターし将来的な性能評価をも実現する。この技術によって収集された情報は、企業がイノベーションを起こすのに役立つだけでなく新たな価値の創造にもつながる。今後はIoTプラットフォームベンダーや多くの企業がデジタルツインを構築するためのシミュレーション・プラットフォームと機能を積極的に統合し、AIとモノのインターネットを統合すると予測される。


当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「IoT」に関する記事

「IoT」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「IoT」の記事

次に読みたい「IoT」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク