全国初、レジ袋全廃への取り組み 東京町田市と市民団体・業者一体で

市民団体の呼びかけで、全国で初めて、市民団体と事業者(地元スーパー)と地元行政の3者が「レジ袋廃止実験に関する協定」を結び、レジ袋の有料、無料に関わりなく、買い物客にレジ袋を提供しない「レジ袋全廃」への取り組みが行われることになった。  この実験は3月14日から半年間、東京都町田市小山田桜台1の20のスーパー、株式会社三和「小山田店」で行われる。1日平均約1500人が利用しているという。  実験開始前にレジ袋廃止の周知を買い物客に図るとともに、マイバッグを配布する。実験期間中には買い物客から評価や意見、協力度、満足度などを調査し、「結果を踏まえて、市内の他のスーパーなどにも声掛けを行うなど、この運動の拡大策を検討していく」(町田市)ことにしている。

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年3月6日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。