ミツバチ研究等に1億円 山田養蜂場が助成

       
 ローヤルゼリー、プロポリスなどミツバチ産品で知られる山田養蜂場(岡山県苫田郡鏡野町市場194)ではミツバチに関する基礎研究やミツバチ産品をはじめとした有用天然素材に関する応用技術の開発、予防医学的研究、養蜂技術の開発研究に取り組む若手研究者らを応援するため「山田養蜂場みつばち研究助成」を開始。4月30日まで、助成対象研究テーマの応募申し込みを受け付けている。 助成金は1件50万円から。総額は年間1億円まで。研究期間は1年間になっているが、最長3年まで認められる。 応募できるのは45歳までの若手研究者と養蜂研究家。  研究者略歴、研究計画書、研究概要を含む同社の応募申請書を提出。これを受けて、同社が社外の審査員を含めた審査委員会を開き、助成の採否を決定。採用テーマは同社のホームページでも公開される。 助成を受けた場合、研究用のミツバチ産品試料として同社の商品原料のローヤルゼリー、プロポリス、蜂蜜、花粉荷については希望すれば供与される。 助成を受けた場合の条件では研究開始後、中間、および最終報告書を提出する必要がある。学術発表する場合、発表要旨の提出の1ケ月前に同社の「みつばち健康科学研究所」にその旨連絡が必要。発表の際に、山田養蜂場から助成を受けていること付記すること。また「みつばち健康科学研究所」は研究者と相談のうえ、研究成果を学会、論文、その他の方法で発表することができる、などの条件がある。また、助成に対して、知的財産権などの取り扱いについての助成研究契約が交わされる。 応募方法等の詳細はみつばち健康科学研究所ホームページ http://www.bee-lab.jp/または同社・みつばち情報センター・研究開発部(電話・0868・54・1199)まで。
エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年3月11日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。