コンビニ 2月の客単価 592円

 (社)日本フライチャイズチェーン協会がまとめた2月の売上高は、ことしが「うるう年」で平年より1日営業日数が多かったこともあり、前年同月より率にして3・5%、金額ベースで188億7800万円増加し、5563億1000万円になった。8ヶ月連続のプラスになっている。また、来店客が使った平均単価(全店ベース)は592円で、前年同月に比べ50銭増えた。 同協会によると、店舗数は前年同月より109店舗増え、4万1105店舗となった。来店客は9億3969万1000人で、1店舗あたり2万2860人、1日あたり1店舗に788・3人が来ていた。  売れ筋の商品構成ではお弁当など米飯類やパン、惣菜、牛乳といった日配食品が36・1%。菓子類(生菓子を除く)やソフトドリンク(乳製品を除く)、調味料、冷凍食品、コーヒーなどの嗜好品といった加工食品が31・3%、雑誌、新聞、衣料品、文房具、たばこ、医薬品、医薬部外品、切手など非食品が28・2%、コピー、ファクシミリ、宅配便、各種チケット、DPEなどサービス部門が4・4%になっていた。なお、協会では「個別商品動向としては気温が低かったためにカップ麺が好調で、アイスクリーム、ソフトドリンクが不調だった」としている。

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2008年3月24日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。