奈良「春の薬用植物見本園」一般公開

 奈良県御所市南中町にある奈良県薬事研究センターでは4月11日、12日、13日の3日間「春の薬用植物見本園」を開き、661坪の植物園に栽培されている約300種の薬用植物を一般に無料公開する。期間中は正倉院薬物の標本展示や健康茶の試飲もある。 奈良県薬事研究センターは薬業の振興と薬業を通じて県民の保健衛生、社会福祉の向上に寄与するため、昭和3年に大和高田市にあった奈良県立工業試験場に売薬部が設置されたのが始まり。昭和22年に奈良県家庭薬組合から敷地と木造建築の寄付を受け、現在地に移転。昭和27年に奈良県薬事指導所となり、平成15年に奈良県薬事指導所から奈良県薬事研究センターに名称を変更した。敷地面積1235坪。同所へは近鉄御所駅からが便利。詳しくは同センター(電話0745・62・2376)

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年4月9日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。