インクカートリッジ里帰りプロジェクト始まる

 『インクカートリッジ里帰りプロジェクト』が4月8日から始まった。これは国内で年間約2億個使用されていると推定されるインクカートリッジの廃品を全国の主要な郵便局3638局で共同回収するもので、ブラザー工業、ブラザー販売、キヤノン、キヤノンマーケティングジャパン、デル、セイコーエプソン、エプソン販売、日本ヒューレット・パッカード、レックスマークインターナショナルが日本郵政グループと協力して回収することになったもの。国内で出回っているインクカートリッジの大半をカバーすることになる。  回収システムは(1)使い終わったインクカートリッジを郵便局に設置された回収箱に入れてもらい、これを、ゆうパックで仕分作業所へ送る。仕分作業所では各社別に仕分し、各社が再資源化する。 これまでも、プリンタメーカーや販売元は量販店窓口等を中心に個別回収を行ってきたが、大半は家庭からの一般ごみとして捨てられているのが現状だった。各社では「企業の社会的責任として、循環型社会の形成に取り組まなければならない」としている。

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年4月10日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。