10人に1人 携帯所有で有害サイトや犯罪に

 ネプロジャパンとネプロアイティがケータイに関する悩みを調査した結果、携帯電話を持って悩んだことがある人は2人に1人、また、電話やメール・掲示板などに受信履歴がないと寂しく思う期間は1日までが2人に1人いることがわかった。中には30分受診履歴がないと寂しく思うという人も3%あった。一方で、およそ10人に1人(9%)が有害サイトの利用や犯罪に巻き込まれたと回答していた。 調査は4月3日と4日の2日間、i モード、Yahoo!ケータイ、EZweb 公式サイトでアンケート方式により行われた。4291人(男性44%、女性56%)から有効回答を得た。 携帯電話を持ったことで悩んだことがあるかでは、「はい」が51%、「いいえ」が39%、「わからない」が10%だった。 また1日の中で携帯電話のメール・TEL を受ける時、一番不快に感じるのはどんな時かでは、夜、寝る時・就寝中が52% 、朝起きる時間や朝食時が11%、授業・業務時が7%、通勤・通学時が3%、夕食時が2%、休憩時が1%、昼食時が1%と続き、下校・退社時は0%、また特に気にならないは16%だった。 自分でも他人でも携帯電話があることで一番気になる「不快に思う行動」のトップは他人の携帯を覗く・覗かれるが23%、次いで、車や自転車を運転・乗りながら携帯を使うが17%、会話途中に携帯をいじるが16% 、就寝中・深夜に着信があるが15%、携帯の着信・ボタン音・ワンセグ視聴時の音を消さないが7%、 送ったメールを他人に勝手に見せる・転送するが7%、食事中に携帯をいじるが5%、やみくもに写真を撮るが2%だった。また特に気にならないは4%あった。 受信履歴がないと寂しく思う期間については「1 カ月以上・まったく無くても平気」と回答したのは28%で、残りの約7割は受信履歴が無いと寂しく感じていることが分かった。「6時間まで」と回答した人も17%あり、短時間でも履歴が無いと寂しく感じ、携帯電話が日常に溶け込んでいることがわかった。また「半日」が11%、「1 日まで」が18%と46%の人が「1日まで」に受信歴が無いと寂しいと感じていた。 携帯電話を持ったことで、一番悩んだことは、予想以上にお金がかかるで22%、嫌がらせのメール・TELがあるが21% 、有害サイトの利用や犯罪に巻き込まれたが9%、メール返信に時間を取られるが8%などのほか、メールの返信が遅れて気を悪くされたが4% 、待合せ時間にルーズになったが2%、家族の会話が減ったが1%や、アドレス・電話番号を教えてもらえないが1%など、対人関係での悩みの要因にもなっていることがわかった。また、悩んだことがないは22%だった。携帯電話を持って変わったと思うことは友達が増えた、電話番号を覚えなくなった、いつでも連絡が取れて当たり前だと思われるなどがあった。

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年4月30日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。