グルコサミンを凌ぐ関節対応サプリメント素材

 グルコサミンやコンドロイチンを凌ぐ「関節対応サプリメント素材」として、ハーバード大学で開発された「UC2」とインド政府最高賞を昨年に受賞した「5―Loxin」が「世界のサプリメント市場を牽引してきた米国で注目されている」(業界通)。  ふたつの素材が注目される理由は「従来の関節痛サプリメント素材とは異なり、抗炎症作用や抗軟骨老化作用がずば抜けている」という点だ。 UC2(英名:Undenatured Collagen Type―2の頭文字をとったもの)とは非変性の活性2型コラーゲンで、一般的な2型コラーゲンと比較して分子構造が破壊されていないところが特徴で、研究内容は米国の科学雑誌「Science」にも掲載され、米国では5件の特許を取得している。最近の研究では、グルコサミンやコンドロイチンに比べ、約2・5倍の速さで痛みを抑制することが、クレイトン大学薬学部教授のバグチ博士より発表されている。また、グルコサミンやコンドロイチンなどの動物性たんぱく質が主体の素材を大量摂取するデメリットを回避し、同素材に比較して約50分の1の摂取量(1日40mg)で同レベルの疼痛抑制が確認されたことも注目の一因になっているといえよう。 一方、高濃度ボスウェリン酸の5―Loxinは植物(ボスウェリアセラータ)の樹脂を乾燥させた抗炎症作用素材。痛みを生み出すために必要な酵素(5−リポシキゲナーゼ)の阻害や軟骨の成分を破壊する酵素(MMP3)の量を減少させることがわかっている。ボスウェリアセラータは日本国内でも多くの

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年5月30日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。