インターネット関連業界営業職は高収入・・

 ソフトバンク・ヒューマンキャピタルが運営する「インターネット」に強い転職サイト『イーキャリアプラス』が6月10日から12日の3日間、インターネット関連業界に勤務する営業職とマーケティング職それぞれ100名に給与アンケートを実施した結果、インターネット関連業界に勤める営業職の平均年収は581万円、マーケティング職の平均年収は508万円だったことが分かった。特に営業職は金融保険・不動産業を上回る高水準になっていた。 今回の調査結果は、本年3月に実施した同様の調査に対し、営業職は540万円から41万円増え、581万円に、マーケティング職でも505万円から3万円増え508万円に増加していた。 特に業績賞与の影響が大きく反映される営業職では、前回調査の結果との開きがみられ、いずれも国税庁の民間給与実態統計調査(平成19年9月発表)による民間平均給与435万円よりも高く、営業職の581万円は、同統計調査の業種別平均給与で最も平均年収額が高かった金融保険・不動産業の563万円を上回ることが分かった。 年代別の年収推移では、マーケティング職の20代後半から30代後半の伸びが顕著で、20代後半の355万円から30代後半の658万円へと堅調に年収が増加していた。一方、営業職では30代前半の605万円が突出しているが、この年代に役職についている人が集中していることが大きな要因となった。 今回の調査では主任・係長クラスの平均年齢は32歳だった。また、厚生労働省発表による係長クラスの平均年齢が42・9歳(厚生労働省 平成18年賃金構造基本統計調査)であることから、インターネット関連業界では他業界より昇進スピードが速いといえる。 平均転職回数は営業職が1・9回、マーケティング職が2・1回と、両職種ともに4割を超える人が転職前と同じインターネット関連業界からの転職だったほか、その他メーカーやサービス業からの転職者も多かった。

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2008年6月25日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。