大阪市立近代美術館コレクションを紹介

 大阪市(近代美術館建設準備室)は9月9日から10月19日まで「大阪市立近代美術館コレクション、その誕生と成長~モディリアーニ、ローランサンから今井俊満、バスキアまで~」と題して大阪市立美術館で開く。

 主な展示は山本發次郎コレクション、田中徳松コレクション、高畠アートコレクション、前田藤四郎版画コレクション、吉原治良作品コレクション、三山誠作品コレクションなどのほか、アメデオ・モディリアーニ、ダリ、マグリット、バスキアなどの作品が出展される。

 開館時間は午前9時30分から午後5時まで。休館は9月16日、22日、29日、10月6日、10月14日。入館料は一般300円、高・大学生200円(ただし、同時開催の佐伯祐三展観覧券を持っている人は常設展とともに観覧できる)。

 大阪市立近代美術館は美術品を保存、展示するほか、人と美術のふれあいの場を形成し、来館者が深い感動に誘われる施設をめざして、昭和58年に大阪市制100周年記念事業として建設が計画され、平成16年10月に「心斎橋展示室」を開設した。その間、山本發次郎氏が収集した佐伯祐三作品や近代洋画作品、墨蹟、アジア染織など約600点の寄贈を受け、現在、約4000点をこえるコレクションになっている。今回の展示はこれら寄贈作品を中心に約70点を展示公開する。

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年8月20日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。