出版不況の中、ナチュラル系雑誌が好調

 休刊、廃刊を繰り返す売り上げ不振な紙媒体業界において、大人の女性らしさや可愛いらしさ、自分らしさ、手作り感などをテーマにした、ナチュラル系の雑誌が好調だ。

 人気の火付け役となったのは、2007年10月に雑誌「美しい部屋」の別冊として発刊された主婦と生活社の「ナチュリラ」。当初25,000部で発売されたが、全国ほとんどの書店で完売。それも3日間という異例の早さだったという。結局、重版5回、合計15万部を発行。10万部を発売できる定期誌が100誌もないことを考えると、脅威の出来事だった。その後、年4回の季刊誌として発刊している。

 2008年3月に創刊されたコーディネートと手作り感をテーマにした雑誌、宝島社の「リンネル」(大型本)も同様に支持率が高く、同年8月にVol.2、12月にVol.3と刊行されている。主婦と生活社の「かわいい生活」、実業之日本社の「giorni」、婦人之友社の「かぞくのじかん」なども読者のニーズをつかみ、部数を伸ばしている。

 このようなナチュラル系雑誌が好調な背景には、最新トレンドやブランド品を志向するのもひとつのお洒落方法だが、この不景気のなかにあって「もっと肩の力を抜いたような、リラックスした着こなしを楽しもう」、「センスの良い、リーズナブルだけど愛らしい雑貨をインテリアとして置こう」というニュアンスが若い世代の主婦層に受けていることがあるようだ。また、プロのスタイリストによるコンテンツもあるが、人気雑貨ショップの店員やアパレルの広報担当など、一般の人の普段の着こなしを多数紹介。プロ目線と言うよりは、一般のお洒落好きの人たちのエッセンスが込められている雰囲気が、お金をかけずに真似できる親近感を感じさせ、多大な人気を得ている。

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2009年4月2日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。