ポイント付与意識して買物 カード所有者の85%

 販売戦略で大きな効果を持つポイントサービス。買い物をする際にポイントの付与を意識して買い物をしている人はポイントカード所有者の85.4%に上り、2009年調査に比べ5.6ポイント上昇するなど、その影響力の大きさが矢野経済研究所の国内ポイントサービス市場調査で裏付けられた。

 同研究所が今年5月から7月にかけてポイントカードユーザーやポイントサービス展開企業などを対象に調査したところによると、国内のポイントカード所有者500人を対象にしたアンケートの結果では、ポイントカードの平均所有枚数は9.9枚にのぼり、6.3枚を携帯していた。特に女性では平均所有枚数は12.6枚にのぼり、7.8枚を携帯していた。

 また、ポイントサービスを展開している企業では98%が顧客の囲い込みに有効に機能していると感じており、サービス導入により売上が向上したと76%が回答。99%の企業が今後もポイントサービスを継続する考えを示した。

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2011年8月4日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら