海流エネルギー利用の電源開発へIHIなど4者

 黒潮などの海流エネルギーを利用してクリーンで安定的な電源を確保する水中浮体方式の海流発電システムをIHI、東芝、東大、三井物産戦略研究所の4者が共同で研究開発することになった。IHIなどが28日発表した。

 2015年度には実証実験にまでこぎつけ、2020年度の事業化をめざす。成功すれば年間を通じて安定的に発電が可能で、大きな発電電力量が期待できる。

 また「発電装置を海底から係留し海中に浮遊させることで、波浪の影響を受けずに安定した水深での運用が可能となり、船舶の航行にも支障を及ぼさない。簡便な係留が可能になることから設置が容易でコスト競争力に優れている」などのメリットもあるという。

 この技術開発は独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構が公募した風力等自然エネルギー技術研究開発・海洋エネルギー技術研究開発に連名で4者が応募し、次世代海洋エネルギー発電技術研究開発の委託予定先に採択されたのを受けて、発表された。研究開発契約期間は5年間になっている。(編集担当:福角忠夫)

あわせて読みたい

気になるキーワード

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2011年11月29日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュース

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「三菱重工業」のニュース

次に読みたい関連記事「三菱重工業」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら