喫茶業態外食産業売上14ヶ月ぶり前年同月超え

 ソフトドリンク中心の喫茶業態の外食産業が今年2月に2010年12月以後、初めて前年同月の売上高を上回った。14ヶ月ぶりの前年同月超えとなる。

 日本フードサービス協会では「低気温と雪により郊外店舗が影響を受けたものの、都会が好調だった」などを要因にあげている。

 それによると、売上高は前年同月比で3.5%増加。利用客数も3.5%増加していた。また、客単価では昨年9月以来、5ヶ月ぶりに前年同月水準(100%)を回復した。

 喫茶業態調査では17社、1893店舗から有効回答を得ている。また、店舗数は今年1月、2月は前年同月に比べ0.1%、0.4%、それぞれ微増していた。

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2012年3月28日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら