財務省、個人向け国債の特例措置で中途換金が可能に

 財務省は15日、今回の大地震の被災者について、「罹災証明書」がなくても個人向け国債を中途換金できる措置を講じると発表した。災害救助法が適用されている岩手、宮城、福島などの市町村の住民が対象。国債を取り扱っている金融機関に、同日付で対応を要請した。同法の適用区域が拡大されれば自動的に追加する。

 本来、個人向け国債は発行から一定期間は中途換金ができず、地方自治体が発行する罹災証明書などを提示した場合に限り、この期間中の換金に応じる。今回の地震では市町村役場も壊滅的な被害を受け、証明書を出せないケースがあると見て特例措置を講じる。

 また同省は被災者への寄付金で、中央共同募金会を通じてNPO法人やボランティア団体などに提供するものを「指定寄付金」に指定した。法人が同募金会に寄付金を託した場合は全額が損金に算入され、個人の寄付も一定額が所得控除の対象となる。これは11日の地震発生当日分の寄付までさかのぼって適用するという。

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2011年3月16日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら