食の安心・安全確保は各社の徹底したチェック体制がカギ

 ここ数年、消費者の食への関心は年々高まり、食品・飲料関連企業に対するユーザーの目はより一層厳しくなっている。それに伴い、これまで以上に食の安心・安全に関するチェック体制をマニュアルだけでなく独自で構築し、徹底的に取り組む姿勢を見せる企業が増えているようだ。

 例えば、サークルKサンクスは、食品添加物やアレルギー物質、金属・ガラス・虫などの異物、細菌、農薬をはじめとした薬品などのさまざまな危害要因から食品を守り、衛生管理状況をチェックするために、宇宙食の開発から生まれた食品の衛生管理手法「HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Points:危害分析重要管理点)」を専用工場に取り入れ徹底的に管理。また、第三者に委託して店頭商品の買い取り検査も行っているという。ハウス食品は、原材料の調達から製品を消費者に届けるまで全ての工程で品質検査を行っているが、中でも食品分析技術や食品製造技術、品質管理技術などの向上には力を注ぎ、同社が培ってきた技術を活かすべく分析部門を「ハウス食品分析テクノサービス」として設立。第三者機関として「ハウス食品分析テクノサービス」に検査を委託し、製品の安全性確保に取り組んでいる。

 一方、ダイドードリンコは自販機・製品の製造・物流を外部の協力企業へ委託しているファブレス企業ならではのダブルチェック体制をしいている。製品を製造している各協力工場では、製品ごとに厳しい品質管理基準を設けており、各工程で製品サンプルの検査などを実施。また、生産

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2011年6月20日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら