オートデスク製品をカリフォルニア州交通局が採用

 オートデスクは、米国内最大規模の交通局であるカリフォルニア州交通局が、同州内の道路・高速道路設計プロジェクト向けに、インフラの計画、設計、施工、維持管理向けのソフトウェアを含む、オートデスクの広範なインフラストラクチャ分野向けBIMポートフォリオを構成するソフトウェア、「AutoCAD(R) Civil 3D(R)」を採用したと発表した。契約総額は、今後5年間で400万米ドル。この契約にはAutoCAD Civil 3D製品に加え、トレーニング、付帯サービスの提供なども含まれるという。

 同社では、設計・施工・維持管理までのライフサイクル全体で情報化を推進し、業務の効率化と工事の品質向上を実現するため、土木の設計、施工業務にBIMの手法を導入するための製品開発を強化している。BIMの手法を取り入れることにより、図面作成や土量計算が自動化され、設計業務における生産性が大きく向上。この取り組みのもと、同社は「AutoCAD(R) Civil 3D(R)」を中心とした、コンサルタントやオーナーがよりサステイナブルなインフラの計画、設計、施工、維持管理を支援する幅広いソリューションを提供している。

 日本では、中央復建コンサルタンツが、国土交通省やNEXCO、首都高速、阪神高速等の事業でAutoCAD Civil 3Dを活用。同社はBIMプロセスによるプロジェクト最適化を通じて、業務の効率化と工事の品質向上を実現しているという。また、その他の大手建設コンサルタントでも、AutoCAD Civil 3Dで作成した高速道路のBIMモデルを活用して、設計検討、施工シミュレーションなどを行っている。

 現在、カリフォルニア州に敷設されている全長約40万マイルの道路のうち、5万マイル以上をカリフォルニア州交通局が管理。これらの道路インフラを戦略的、経済的、かつサステイナブルに敷設、修理するには革新的な道路設計ソフトウェアが必要だった。そこでカリフォルニア州交通局は、州内の交通改善プロジェクトでAutoCAD Civil 3Dを使用し、タイムリーで高品質なインフラ計画、仕様、見積りを作成する予定だという。

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2011年8月9日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら