世界一過酷な24時間レースにスバル参戦

 富士重工業と同社・モータースポーツ業務のスバルテクニカインターナショナルは世界一過酷なコースとして知られるドイツ・ニュルブルクリンクサーキットで開かれる第36回ADAC Zurich24時間レースに参戦する。エントラント名はチーム「SUBARU NBR CHALLENGE」。 大会は今年5月に開催されるもので、レースにはインプレッサWRX STI(GRB型)で参戦する。SP6クラス(排気量3・0〜3・5L、過給機車は1・7倍で換算)にエントリーし、クラス優勝を狙う。 同社はスバル エヌビーアール チャレンジチームを結成し、総監督にはSTI車両実験部長の辰己英治氏が就任。ドライバーは吉田寿博、松田秀士、服部尚貴、松田晃司の4人。 同社は2005年に当時のインプレッサWRX STIでA6クラスに参戦し、クラス2位(総合14位)に入った。「参戦は、より愉しく、より安全に、というクルマつくりを目指す富士重工業にとって、安全面、信頼面などの重要な技術的ノウハウを蓄積できる機会であり、今後の量産車の開発に活かす」としている。 ADAC Zurich24時間レースは、全長2万5378kmで、欧州メーカー車を中心に毎年200台を超す車両が参戦する世界最大規模の耐久レース。

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュース

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「BMW」のニュース

次に読みたい関連記事「BMW」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年4月9日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。