リアルタイム細菌センサ販売契約 山武

 山武は米国BioVigilant Systems(バイオビジラントシステムズ)社の製品「リアルタイム細菌センサ IMD(TM)(アイエムディー)」の日本国内での販売契約を同社と締結したと7月1日、発表した。

 IMDは、医薬品研究・製造施設等の無菌化を必要とするバイオクリーンルーム向けの製品。従来は1~2週間を費やしていた細菌計測が、IMDを対象エリアに設置するだけで、空気中を浮遊する微生物(細菌・真菌)数を簡便にリアルタイムで自動計測、画面表示できる。また、試薬、前処理等が不要。管理値を超える細菌・真菌を検知した場合には画面での警報表示ができ、ほかに、前後の周辺環境の映像記録もできる。

 同社は「今後、医薬品研究・製造業界に積極販売し、初年度2億円、3年後10億円の売上を目指す」という。販売は今秋から。基本価格は1台1000万円。

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2008年7月2日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。