東芝、グループ内の電力需要抑制への対策として夏季休日を発表

 東芝は、今夏の電力需要抑制に向けた施策として、本社をはじめとする東京電力管内の同社グループ各拠点にて秋以降の休日を中心に振替を行ってきた。そしてこのたび、夏季休日を追加することで労働組合との労使協議が終了し、本社および各拠点における夏季休日が確定したことを17日に発表した。

 まず、本社部門および東京電力管内の支社では、7月の休日を15日から20日の6日間、8月の休日を12日から21日の10日間、9月の休日を7日から11日の5日間(計21日間)とする。その他の主な拠点でも、東京都府中市の府中事業所において7月の休日を18日からから6日の9日間、8月の休日を15日からから3日の9日間(計18日間)としたことをはじめ、神奈川県横浜市の京浜事業所や神奈川県川崎市のマイクロエレクトロニクスセンターでも新たな休日の概要を発表している。

あわせて読みたい

気になるキーワード

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2011年6月20日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュース

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「三菱重工業」のニュース

次に読みたい関連記事「三菱重工業」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら