丸紅、豪で水処理事業に参入 現地最大手の株式40%取得

       

丸紅は17日、オーストラリアの水処理事業に参入すると発表した。同国の産業用水処理最大手オスモフロー(Osmoflo)の株式40%を取得することで既存株主と合意。同社の技術力を活用し、中南米などの資源国や海水淡水化の需要が見込まれる中東・中国にも進出していく。丸紅は世界規模で成長が見込まれる水市場において、今後3年間で世界トップ10入りを目指しており、積極投資で事業を拡充する方針だ。

オスモフロー社は、豪州内外で約300の水処理プラントを納入した実績を持つほか、約200の水処理プラントの運転管理も行っている。逆浸透膜(RO膜)などの膜技術を活用した海水淡水化・産業用水処理エンジニアリング分野に強く、豪州の産業用水処理分野でトップシェアを有している。

あわせて読みたい

エクールの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年2月17日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。