日本コークス工業と住商、リチウムイオン電池用負極材の新工場を建設

日本コークス工業と住友商事が出資する日本パワーグラファイト(本店:東京都江東区)は28日、リチウムイオン二次電池用負極材の生産工場を北九州市に新設すると発表した。投資額は10億円。生産能力は年産700トンで、2012年3月の稼働を予定している。新工場稼働後の生産能力は、現在の年産300トンから年産1000トン体制となり、現在の3倍強に拡大する。

日本パワーグラファイトは、2010年4月に日本コークス工業(60%)と住友商事(40%)の合弁で設立されたリチウムイオン二次電池用負極材の製造・販売会社。現在、福岡県北九州市若松区内に年産300トンの工場を有している。今回、電気自動車(EV)用などの大型リチウムイオン二次電池の市場拡大に対応するため、新たに年産700トンの新工場を建設することを決定した。

編集部おすすめ
エクールの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク