セブンイレブン、最新鋭の環境配慮型店舗がオープン

コンビニエンスストア最大手のセブン-イレブン・ジャパン(東京)は28日、最新鋭の省エネ設備を導入した環境配慮型店舗「セブン-イレブン 多摩豊ヶ丘4丁目店」を、8月31日、東京都多摩市に開店すると発表した。同社は今後、消費電力を抑えた環境配慮型店舗の拡大を図る。

同店舗は、太陽光発電設備で発電した電気を店内照明などに使用し、店内に太陽光を取り入れる天窓と店内照明のLED化により電力量を大幅に削減した最新鋭の環境配慮型店舗になる。省エネ設備を導入することで削減できる電力量は、年間約5万3000キロワット時で、これは2008年度の電力消費量の約30%にあたる。

さらに環境配慮型店舗では、太陽光発電設備で発電した電力は電力会社への売電は行わず、店舗内ですべて使い切るという。

あわせて読みたい

エクールの記事をもっと見る 2009年8月28日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。