米国、代替燃料車の普及に3億ドルを支援

米オバマ政権は26日、米国再生・再投資法(米再生法)から約3億ドル(約280億円)の資金を、代替燃料自動車の普及を目指したクリーン都市プログラム(Clean Cities Program)に提供すると発表した。

クリーン都市プログラムは、ハイブリッド車や電気自動車などエネルギー効率の良い、最先端の自動車技術に資金を提供し、石油への依存を減らすことが目的。バイオ燃料や天然ガスを含む代替燃料を使用した低燃費車9000台以上の購入を支援し、500箇所以上の燃料補給地を設置することになる。

米エネルギー省(DOE)は、この支援により年間1億4400万リットルの石油使用が削減できるという。

あわせて読みたい

エクールの記事をもっと見る 2009年8月30日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。