EU、白熱電球の販売禁止令を発令

EU加盟各国では1日から、エネルギー効率の低い従来型の白熱電球の販売が禁止となった。1日時点で保有している在庫の販売は認められているが、2012年にはすべての従来型の電球は店頭から姿を消すことになる。電力消費の削減と気候保護のための今回の禁止令では、つや消し電球やハロゲン電球も市場から消えることになる。

2020年までにこの指令を通じて、毎年2300万世帯分にあたる電力消費が削減され、およそ3200万トンの二酸化炭素排出量が削減される見通しだ。

欧州委員会のアンドリス・ピエバルグス( Andris PIEBALGS)エネルギー委員は「偉大なアイデアは受け入れられるまでに時間がかかる」と述べ、この禁止令を通じた照明設備の発展を主張している。ただし、この禁止令は間接照明のみに適用され、スポットライトなどの直接照明に関しては、2010年に導入予定である。

白熱電球とは、いわゆる普通の電球のことを指し、電力消費が大きくエネルギー利用効率が悪いことから、日本でも製造・販売を2012年までに廃止し、電球形蛍光灯へ切り替える方針。【西村 健佑】

エクールの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年9月5日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。