米サンパワー、世界最大のソーラー船に太陽電池を提供

米サンパワー、世界最大のソーラー船に太陽電池を提供
世界最大 全長30メートルの巨大ソーラー船

太陽電池メーカー・米サンパワーは2日、世界一周航行を2010年に控える国際プロジェクト「プラネットソーラー」の太陽発電装置を搭載した船舶に対し、次世代型太陽電池を提供すると発表した。3万8000個の太陽電池(ソーラーパネル)を甲板に設置し、太陽エネルギーのみを動力として大西洋から太平洋、インド洋を航行する。プラネットソーラーは現在、船舶の建造中で、完成予定は2010年2月。

プラネットソーラーの発案者でスイス人船長のRaphael Domjan氏は「高い性能とその実績を評価し、サンパワーの太陽電池の採用を決めた」と述べ、競合技術に比べ高い蓄電力を有するサンパワーの次世代型太陽電池を搭載することで、エネルギー効率を高めたい考えだ。

サンパワーの国際事業開発グループ責任者 Manuel Brachet氏は「プラネットソーラーのような世界的な取り組みにサンパワーが参加できることを誇りに思う。これまでの我々の技術と経験を活かし、効率性の高い太陽電池をこの船に提供できると考えている」と述べた。【松岡 由希子】

当時の記事を読む

エクールの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年9月6日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。