極東開発工業、i-MiEV用バッテリーシステム搭載「電動ごみ収集車」開発

極東開発工業は28日、三菱自動車の電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」に搭載しているバッテリーシステムを使用した「電動ごみ収集車」を開発したと発表した。同システムを使用して、ごみ収集車の車両後部のごみ圧縮装置を電気で駆動させる。

圧縮装置の動力源をエンジンからバッテリーに変えることで、作業時の二酸化炭素(CO2)排出量を従来に比べて約75%削減でき、作業時はエンジンを停止することができるため、排気ガスの排出をゼロにすることが可能になる。

三菱自動車は、「i-MiEV(アイ・ミーブ)」を今年7月から販売しているが、同車搭載の部品を供与するのは今回が初めてのケースになる。

あわせて読みたい

エクールの記事をもっと見る 2009年9月28日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。