東芝、CO2回収・貯蔵技術のパイロットプラント竣工

東芝は29日、火力発電所などから排出される二酸化炭素(CO2)を分離・回収し、地中に貯留する技術(carbon capture and storage、以下「CCS」)のパイロットプラントが傘下のシグマパワー有明 三川発電所(福岡県大牟田市)内に完成したと発表した。本日から1日当たり10トン規模のCO2分離・回収の試験を開始する。

現在、世界の全発電量の約3分の2を火力発電が占め、その過半が石炭を燃料としている。石炭は天然ガスなどの他の化石燃料と比較して、発電量あたりのCO2排出量が大きいことが問題となっており、新設する石炭火力発電所のCO2排出量の上限値を規制することなどが検討されている。それを受けて、CCS技術を適用した火力発電所の計画や、その併設を前提とした発電プラントの計画が今後加速していくことが予想され、東芝は2020年度には1000億円規模の売上を目指している。

あわせて読みたい

エクールの記事をもっと見る 2009年9月29日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。