独エーオンと仏Bionersis、東南アジアのCDMで提携

エネルギー最大手、エーオン(E.ON)グループの再生可能エネルギー事業を担う、E.ON Climate & Renewables (EC&R)とフランスのBionersisは21日、東南アジアにおけるクリーン開発メカニズム(CDM)プロジェクトでの事業提携を発表した。

Bionersisはメタンガス回収・燃焼システムを、EC&Rは火力発電の技術を提供する。総事業費は500万ユーロ。プロジェクトから発生する排出権(CER)は約200万トンになる。

「我々は世界レベルの排出権取引に関与している。今回の提携は目標へ向かって一段階踏み出すためのもの」とEC&RのHervé Touati氏はコメントした。

あわせて読みたい

エクールの記事をもっと見る 2009年10月25日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。