米国の風力発電設備容量、3万メガワットを超える

米国風力エネルギー協会(American Wind Energy Association、AWEA)が発行する第3四半期(7-9月期)の報告書において、米国で新規に導入された風力発電設備容量は1649メガワットだったことがわかった。これにより、2009年を通じて新規に導入された風力発電設備容量は5800メガワットとなり、現在米国で稼動する風力発電の総出力は3万1000メガワットを超えた。

第3四半期に新規導入された風力発電設備容量は、テキサス州が436メガワットと最も多く、次いでオレゴン州の251メガワット、イリノイ州の201メガワット、コロラド州の174メガワット、ワイオミング州の170メガワットとなっている。

あわせて読みたい

エクールの記事をもっと見る 2009年10月26日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。