三洋、太陽電池・蓄電池を省エネ機器と融合=エネルギーソリューション事業に参入

三洋電機は29日、太陽電池とリチウムイオン電池(二次電池)を業務用機器などの省エネ技術と融合し、工場や学校、店舗といった施設の二酸化炭素(CO2)排出量削減やランニングコスト削減を提案するエナジーソリューション事業に参入すると発表した。2015年度までに事業規模1000億円を目指す。

本格的な事業化を目指すとともに、早期の収益化を図るため、加西事業所(兵庫県加西市鎮岩町)新工場に約50億円を投資して最新鋭のシステムを導入する。11月1日には、事業を統括する新組織が70人規模でスタートする。

あわせて読みたい

エクールの記事をもっと見る 2009年10月29日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。