GE、豪州で世界最大のCO2回収・貯留プロジェクトを受注

米コングロマリット、ゼネラル・エレクトリック(GE)傘下のGE Oil & Gas社は22日、オーストラリア西オーストラリア州沖の北西大陸棚にあるゴルゴン(Gorgon)液化天然ガス(LNG)田における世界最大の二酸化炭素(CO2)回収・貯留(CCS)プロジェクトを4億ドルで受注したと発表した。ガス田の建設地の地下に40年間で約1億2000万トンのCO2を封じ込める計画で、オーストラリア政府も資金面などで支援する。

GE Oil & Gasは、ゴルゴンガス田の50%の権益を保有する米シェブロンに、LNG生産とCO2回収・貯留を行なうための設備を提供する。

あわせて読みたい

エクールの記事をもっと見る 2009年10月30日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。