米国、クロマグロの保護へ厳しい措置を支持

米海洋大気庁(NOAA)のジェーン・ルブチェンコ長官は9日、大西洋まぐろ類保存国際委員会(International Commission for the Conservation of Atlantic Tunas : ICCAT)に対して、大西洋や地中海におけるクロマグロ(本マグロ)の乱獲を終わらせ、回復への道にのせるよう促す声明を発表した。

ルブチェンコ長官は「ICCATのメンバーとして米国は、違法で報告・規制されていない捕獲をやめさせるために、他の国々と共に乱獲を終わらせ、マグロの群れ回復の手助けとなる厳しい措置を取る責任がある。クロマグロの保護に向け、国際社会が強力な施策をとることを期待している。」 と述べた。

米国は絶滅の恐れのある野生動植物の種の国際取引を規制するワシントン条約に、大西洋と地中海のクロマグロを加えるよう求めるモナコの提案への支持を表明している。[小西 卓明]

あわせて読みたい

エクールの記事をもっと見る 2009年11月13日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。