丸紅、中国で下水事業参入/水ビジネス拡大を図る

丸紅は13日、中国で下水処理事業に参入すると発表した。中国安徽省の下水処理会社の株式30%を取得し、日本の下水処理技術を導入する。株式の取得額は20億円以上と見られる。新興国での水使用量の拡大を背景に上下水処理など水ビジネスの成長をにらみ、将来はアジア各国での事業展開も視野に入れている。

水ビジネスについては、「水メジャー」と呼ばれるグローバル企業が存在する。日本では自治体が水道事業を担ったため、民間企業に運営のノウハウが蓄積されていないが、水メジャーは浄化施設などの建設から、工場や一般家庭への給水、料金の徴収、海水・排水の処理までの管理・運営を、国や自治体に代わって一括して取り仕切る。中でも、仏スエズ、仏ヴェオリア、英テムズ・ウォーターの3社は世界の水市場の7割以上を占めている。

あわせて読みたい

エクールの記事をもっと見る 2009年11月13日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。