露大統領:20年までの温室効果ガス、25%削減を表明

ロシアのメドベージェフ大統領は18日、スウェーデンの首都ストックホルムで開かれた欧州連合(EU)との首脳会議で、温室効果ガスの排出量を2020年までに1990年比で25%削減する方針を表明した。ロシアがこれまでに表明していた削減目標は、1990年比15%削減でこれを大きく引き上げたことになる。

EUのバローゾ委員長は、記者会見で「12月にコペンハーゲンで開かれる国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)を目前に、メドベージェフ大統領が表明した削減目標は大変心強く、歓迎している。」と述べた。

あわせて読みたい

エクールの記事をもっと見る 2009年11月19日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。