オバマ大統領、20年までに温室効果ガス17%削減表明へ

米ホワイトハウスは25日、オバマ大統領が12月にデンマークの首都コペンハーゲンで開かれる国連気候変動枠組み条約 第15回締約国会議(COP15)に出席し、温室効果ガスを2020年までに2005年比で17%削減する目標を提示することを明らかにした。米国としては初の数値目標で、2013年以降の温室効果ガス削減の枠組みづくりで積極的に関与していく姿勢を世界にアピールしたい考え。

オバマ大統領はCOP15の場では、温室効果ガスを2020年までに2005年比で17%削減する短期目標と、2025年までに30%、2030年までに42%と段階的に削減幅を拡大し、2050年までに83%削減する長期目標も表明するとみられる。

あわせて読みたい

エクールの記事をもっと見る 2009年11月26日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら