三菱自、マンション向けのEV用充電装置を開発

三菱自動車は25日、宅配ボックス製造大手の日本宅配システム(名古屋市)と共同で、マンションなど集合住宅向けの電気自動車(EV)用充電システム「i-CHARGER」を開発したと発表した。12月1日から販売する。

「i-CHARGER」は、宅配荷物の受け渡しができる宅配ボックスの機能を活用し、宅配ボックスの認証カードを駐車場内に設置した充電ユニット(親機)にかざすと、子機からEVへ充電が可能になる仕組み。いつ、誰が、どれだけ充電したかを把握でき、マンション管理者は充電状況を容易に管理できる。配線工事費を除き親機は30万円、子機は9万円。

あわせて読みたい

エクールの記事をもっと見る 2009年11月26日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら