世界最大の下水処理事業、三井物産が参画

三井物産は8日、連結子会社でメキシコ水処理エンジニアリング会社のアトラテック社を通じ、メキシコ政府水資源庁と世界最大規模の下水処理場を建設・操業する下水処理サービス事業契約を締結したと発表した。

メキシコ大手建設会社のイデアル社およびイカ社、スペインの水処理会社、アクシオナアグア社などと組み、日量約360万トンの処理能力を持つ下水処理場を建設する。総事業費は約800億円。単一の処理場としては世界最大となる。完成後はメキシコシティを含む近郊地域一帯に下水処理サービスを提供する。

あわせて読みたい

エクールの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年1月8日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。