昭和電工、焼却炉の廃熱で熱電発電/実証実験に着手

       

昭和電工は3日、同社が開発した変換効率が高い熱電素子と熱電変換モジュールを使用し、廃棄物焼却炉の廃熱による熱電発電の実用化に向けた実証実験を、環境プラントエンジニアリングのプランテック(大阪市)と共同で着手したと発表した。すでに約4ヶ月の連続運転に成功しており、2月からは、耐久性を向上させた新型モジュールによる実証実験を行う。

熱電発電は、熱エネルギーを直接電気に変換する発電方法で、熱電素子の両端の温度差から生じた電位差により電気が流れる現象を利用する。

国内で供給されるエネルギーの大半は未利用のまま熱エネルギーとして大気中に放出されていると言われており、この未利用のエネルギーを有効活用する新技術として、熱電発電は早期の実用化が望まれている。

エクールの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年2月3日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。